読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体性

内田樹・三砂ちづる「身体知 カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる」講談社α文庫(2006年)★★★☆☆

身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる (講談社プラスアルファ文庫)作者: 内田樹,三砂ちづる出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/10/21メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 19回この商品を含むブログ (13件) を見る 今年の重要なテーマのひとつはあ…

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」文春文庫(2007年10月)★★★☆☆

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/06/10メディア: ペーパーバック購入: 25人 クリック: 125回この商品を含むブログ (162件) を見る (P.36) 僕にとって――あるいはほかの誰にとっても…

河合隼雄「子どもと悪」岩波書店(1997年5月)★★★☆☆

子どもと悪 (今ここに生きる子ども)作者: 河合隼雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1997/05/20メディア: ハードカバー購入: 1人 クリック: 19回この商品を含むブログ (14件) を見る 何かを好きと感じることは偉大なこと。 創造の道は、一般的傾向とは異な…

獲得と喪失の同一性と、身体性との関係について

私は「獲得は常に喪失と抱き合わせで起こる」という茂木さんの言葉の意味をこう解釈している。 何かを獲得した後では、その何かを獲得しなかったときに自分に訪れたであろう世界を 歩むことはもう決してできない。 何かを獲得しなかったときの世界は、永久に…

大江健三郎・河合隼雄・谷川俊太郎「日本語と日本人の心」岩波現代文庫(1995年)★★★☆☆

日本語と日本人の心 (岩波現代文庫―文芸)作者: 大江健三郎,河合隼雄,谷川俊太郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2002/03/15メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログ (4件) を見る 1995年11月26日に小樽市で開催されたシンポジウムと講…

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀〜プロに学べ! 脳活用法スペシャル」

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀〜プロに学べ! 脳活用法スペシャル」 「脳はポジティブなものでないと動かない」 「苦しい時でもあえて笑う」(エンボディメント、身体性の利用) これはすごいことである。 これらのことをずっと忘れないでいるだけで、…